無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    パワーあふれる外国人の話 その3
    0
      JUGEMテーマ:ヨーロッパ


      ドイツでO104が猛威を振るっており、既に26名の方がお亡くなりになっています。
      ドイツ政府は、当初、スペイン産のキュウリが原因と公式見解を出し、スペインからのキュウリ輸入を停止しました。ところが5月31日になって、スペイン産のキュウリからはO104は検出されなかったので、この見解をくつがえしました。
      しかし、だからといってドイツの消費者がすぐにキュウリを購入するわけではありません。それどころか、いまだにキュウリは食べられないという人々が増加し、風評被害によりスペインの農家は苦しい立場に追い込まれています。この件により推定2億ユーロもの損害をこうむったスペインは、ドイツ政府(ドイツ保健当局)に損害賠償を求めることも辞さないようです。

      また、ドイツによる過大な風評被害ですか・・・
      いまだにドイツに渦巻いている、福島原発により日本で放射能が流れまくっている、という話しに通じるものがあります。自分たちの見ていない物でも、マスコミが流している誇張ニュースにより、「日本はこんなに危ない」と信じ、さも自分が見てきたかのように言う人々。
      このO104が発生して、何人かお亡くなりになっても、うちの家族はいっさい、「危ないからドイツに行ってはいけない」、と言いません。ただ、「本当に気をつけて」、とは言います。でも、これが反対の立場(日本で発生したとしたら)だったら、どうだったでしょう?きっと、あちらの方々は「日本に行ってはいけない」とおっしゃるのでしょう。
      でも、自分たちの国で起きたときはなぜか大丈夫。「何、バカなこと言っているのよ。生野菜を食べなければいいだけでしょ」と言い、他の国の人が心配しすぎだとも言う。アジアでSARSが起きたときのことを思い出しました。あの時も、色々ありましたよね。

      でも、ドイツにはそんな人ばかりではありません!たくさん、日本を信じている人もいるのです!
      メルマガの方に書きましたが、私の友人のセラピストがこの騒ぎの中、5月に日本にやってきました!彼女とは2年前にとあることがきっかけで知り合いまして、お互いドイツと日本に住んでいながらも、1年に5回くらい会っています。今回なんて、一緒に釜山日帰り旅行までしてしまいました(なんたって飛行機で40分ですから)!そして、8月にも彼女と一緒に南の島に行きます。10歳も年下なのですが、妙に馬が合うのです。そうそう、前回のドイツでの講演も彼女が皆アレンジしてくれました。
      彼女は、「私は自分の目で見たことを信じたい。私の大好きな日本が、本当にそんな悲惨な状況だなんて信じられない。」と単独で日本に乗り込んできました。その時に彼女の家族、友人、取引先の人、患者さん、全ての人が日本行きを止めたそうです。「なぜ、この時期に行くんだ?原発が爆発して放射能が流れてきたらどうするんだ?」とほぼ全ての人が言ったそうです。でも、彼女は「だって日本人みんなまだ日本に住んでいるんだし、そんなことないでしょ。私の友人のYUKOだって問題ない、って言ってたわよ。」と言ったところ、「そりゃ、日本人は他に住む所がないのだからしょうがない。でも、彼らだって逃げ出したい気持ちでいっぱいに決まってる。」と言われたそうです。
      「じゃあ、本当にそうか、私自身が日本に行って確かめてくる。」と言って飛び出してきたそうです。
      そして、彼女は東京からいろいろな場所を訪ねながら南下してきたのですが、福岡で私に会って言った一言が泣かせました。「日本はきちんと機能している。皆、被災地のことを考えながら、一生懸命生きている。東京でも皆普通の生活を送っていた。テレビの前に座って、日本はこわいこわいと言っているドイツ人にこの状況を見せてやりたい。」と言ったのです。私はその言葉を聴き、彼女の肩を抱きながら、泣いてしまいました。
      そして、彼女と友達で良かった、と心の底から思いました。
      彼女は新聞にエッセーなども書いており、現在、新しい本を執筆している最中ですので(ほぼ完成)、その書籍の日本語への翻訳を頼まれました。ゲラを見せてもらったのですが、これまたすごく愉快な話しです。2人で南の島に行って、日本語版についてもっと詰めてきます。あっ、でもその前にもうすぐ私がドイツの彼女の家にお泊りします。


      | kaninchen | ドイツ | comments(10) | - |
      Mobil ドイツで一番発行部数の多い雑誌?
      0
        JUGEMテーマ:ヨーロッパ


        前回は私のドイツ滞在時の、ドイツの日本に対する報道について書きましたが、その後も少しづつ事実が伝えられ始めたり、風化されてはきたりしたものの、まだまだドイツのメディアの報道には疑問を感じることがあります。
        その行き過ぎた報道のおかげで、5月、6月、7月の3ヶ月間に、日本でのそれぞれ別の通訳の仕事がはいっていたのですが、全てキャンセルとなりました!今でもたくさんのドイツに住んでいる方々が、日本に行ったら放射能に汚染されてしまう、もしくはいつ原発が爆発して東京に死の灰が降るかわからない、と考えています。先月講演させていただいた時にも、「あなたの話は分かりました。でも、わざわざ今、日本に行きたくありません。もしかしたらあなたの認識が間違っているのかもしれない可能性も十分あるでしょう。」と言われました。
        そんな状況を回避するためにも個人レベルではありますが、現状の日本の状況を逐次ドイツに向け発信し続けています。幸いな事に去年10月に福岡での通訳業務でとあるドイツ人ジャーナリストの方とお知り合いになり、その方を介し、私のつたないドイツ語を彼の関係筋に広めてもらっています。日本の経済をこれ以上落ち込ませないために、私も出来ることを頑張って続けて行きたいと思います。

        実はそのジャーナリストの方のお家に去年招待され、彼の子供達とも仲良くなり、また来月にでも彼を訪問しようと思っています。その際は彼にいろいろな場をセッティングしてもらい、講演や集会活動をして日本の今を知ってもらいたいと思います。しかし、彼の子供達がすごく可愛くて、ほんともうぎゅって抱きしめたいくらいなんですよ。その子達が地震が発生した際に「ユウコは大丈夫なの?どうなってしまうの?もう会えないの?」と泣きじゃくり、あの津波の映像が頭にこびりつけ、夜寝れなくなってしまったそうです。情緒も不安定になってしまい、お父さんとお母さんが地図を用いて「福岡と福島はこんなに離れているからユウコは大丈夫だよ」と言ってもしばらくトラウマ状態になってしまったそうです。だから子供達にも私が元気な姿を見せたいと思います。
        彼らの小学校で児童全員で書いた津波や地震の絵が送られてきましたが、それを見ると、いかに彼らのショックが大きかったのか、ということが伺えます。でも、日本はこのままでは終わりません。時間はかかるかもしれませんが、かならず立ち直る、と思います。

        そのジャーナリストの方はたくさんの雑誌に記事を書いているのですが、彼が一番多く記事を書いているのが、「Mobil」という雑誌なのです。この雑誌はドイチェバーンの雑誌で、ICEやReisezentrumなどで手に入れることが出来ます。おそらくドイツで一番発行部数の多い雑誌ではないでしょうか?たまたま2月にドイツでICEに乗ったときにこの雑誌を開いたら、いきなり私が通訳を担当した記事が載っていてびっくりしました。その記事が大変好評だったそうで、その後、他の雑誌にも私が担当した部分のみがクローズアップされて、2ページにわたり載っていました。この時は本当にうれしかったです。


        | kaninchen | ドイツ | comments(0) | - |
        東日本大震災後のドイツ滞在
        0
          JUGEMテーマ:旅行


          このたびの東北地方太平洋沖地震により、被害にあわれた皆様、ならびにご家族・ご友人の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

          4月初めから中旬までドイツに滞在しておりました。
          メルマガの方には既に書きましたが、ドイツでは自分のビジネス以外に、日本の震災、そして原発による影響などを色々なところで、講演させていただいたり(そんな大掛かりなものではありませんが)もしました。そして、そこで賛同してくださった方々から電池や水を募り日本に持ち帰り、空港で寄付させていただきました。
          残念ながら4月は私は日本には5日しかいなかったので、日本国内での活動というものが募金くらいしかできず、何かしなければ、というジレンマに襲われていました。
          3月中は節電を心掛けたり、支援物資を公共機関に持ち込んだりもしていたのですが、ドイツでは募金くらいしか出来ず、日本の商品を買って経済を回すことも出来ずにいました。でも、今回は夜に仕事があまりなかったので、知人に頼み日本人の声を聞いてほしい、と呼びかけ、様々なレストランや、集会で日本の現状をお話しさせていただく機会に恵まれました。それでも、突然の講演に気を悪くして(そうですよね。彼らは食事を楽しみに来たのであって、私の話を聞きに来たわけではないのですから)席を立たれる方や、うるさい、と言われる方々もいらっしゃいました。しかし、大多数の方々は私の話に耳を傾け、関心を寄せて協力をしてくれました。彼らは私のこの日本語のブログを読むことはないでしょうが、ここで改めて感謝の意を述べさせていただきたいと思います。

          しかし、ドイツでの報道は行きすぎなものがあり、かなりびっくりさせられました。そのためたくさんのドイツ人に「日本政府は全く正しい情報を国民に伝えていないのではないか」とか、「先進国なのに国民を洗脳している」とか言われました。また、「なぜ他の国の援助(好意)を無にするのか?」とも言われたりもしました。これはおそらくドイツカールスルーエの近郊のKHG(Die Kerntechnische Hilfsdienst GmbH)社が東京電力に対しドイツ大使館を通じ、遠隔操作ロボットを貸し出す、という申し出をしたにもかかわらず、何の返事もなかった、ということに起因するようです(Focus2011年4月4日号より)。ドイツの気象庁のHPも、いかにも放射能が関東地方に流れています、というような表記をしばらく続けていたし、まあドイツにいる方々が、日本に対して不安を抱いてしまうのもしかたないでしょう。
          私がFukuokaから来た、というと、Fukushimaから来たと勘違いして(最初のFukuの部分が同じで外国人の方には見分けが付かない)、あからさまに避けられたりもしました。
          そして、今回九州をご案内するはずだったドイツ人御一行様は福岡に1泊しただけで、即効で韓国へ渡ってしまいました。それに同行した私は1日中スターバックスやカフェやアメリカンパブで食事をさせられ、疲れました。彼らは韓国料理が食べられないのに、それでも日本にいるよりかは安心だから、と韓国に行く。日本人としては理解できません。
          このような間違った情報を正すためにも、そしてたくさんの外国の方に日本を訪れてもらうために、私は自分の出来る限り外国語で情報を発信したいと思います。

          実は、私と全く同じ意見を持っている方がいらして、少し前からいろいろコンタクトを取り続けていました。彼はドイツ関係の企業にご勤務されていて、しっかりとした意思を持っていらっしゃいます。彼の会社の外国の方々の中には国外避難したまま、日本に帰ってこない方もいらっしゃるようです。それでも彼も日本の現状を知ってもらうために、外国語を学び、それで正しい情報を発信しています。
          また、彼の語学の学び方がとてもユニークなのです。彼の語学を身につけた方法が、私がよく言っている「楽しんで語学を学ぶ」方法なのです。彼もブログを書いていますので是非参考にしてみてください。Audibleのオーディオブックで英語力アップ!メルマガも発信されていますhttp://archive.mag2.com/0000273923/index.html このメルマガは最新号しか見れないので、是非読者登録をして購読なさることをおすすめいたします。
          私も自己啓発本とか大好きで、時々原書で読んだりすることもあるのですが、この方法で読んだ後オーディオブックを聞けばさらに理解力が増し、すぐ行動に移せそうです。
          さっそく私も7つの習慣 を買ってみました。彼のブログに買い方等もきちんと説明されていますので、その通りに買えば何の問題もないですよ。私もAudibleで英語を鍛えたいと思います。

          ちなみに私のおすすめ自己啓発本は7つの習慣の他には、道は開ける、それから成功の9ステップです。特にジェームス・スキナー氏はアメリカ人なのに日本語もぺらぺらで、ユーモアもあって尊敬しています。DVDセミナーは既に見たのですが、是非一度彼のセミナーを生で聞いてみたいと思います。
          | kaninchen | ドイツ | comments(0) | - |
          返金されました!
          0
            JUGEMテーマ:ヨーロッパ


            さむーい、さむーいドイツからまたまたブログの更新です。あまりにも寒くトイレの回数が増えて増えて、大家さんから「病気なの?」と言われてしまいました。でも、確かに膀胱が痛い・・・夜になってもそけいの痛みが取れなかったら抗生物質を飲まなきゃ・・・

            昨日、ウィーンでクレジットカードを3重に切られてしまったことを書いたのですが、先方に電話したところ無事返金されました!やっぱり言ってみるもんですね。ここヨーロッパでは動かなければ何も始まらないのです。この達成感は何物にも変えがたいです!

            あと今日は日曜日だと言うのにやらなければいけないことがありすぎて、あまりにも疲れすぎて物事の基本である優先順位をつけることさえままならず、こんなことではいけない、と少し反省しています。でも、そうやって人間大人になっていくのよねー(ってじゅうぶん大人っていうかおばさん)

            実はしばらくの間ベルリンに住むことになりました。でも、その間にもヨーロッパ各地をめぐってお仕事します。
            家は借りてみたけれど、そこを拠点として動くことになり、ホテルとその家での生活が半々くらいになりそうです。
            それで、今日初めて大家さんと会ったのですが、とても気持ちのいい若いカップルでした。ただ、部屋には机とベットの他は何もなく、ついでにおトイレにトイレットペーパーもなく、即効で買い物に行ってきました。ドイツは通常日曜日がお休みなのですが、今日はなんとIKEAがオープンしている日だったので助かりました。最近はドイツの大きな都市で、1年の内に何回か日曜日にお店をあけてくれるので、助かります。IKEAで即席カーテンと、ランプ、トイレットペーパー、スポンジ、それからハンガーとフックとフリースの毛布で閉めて25ユーロでした。安い!でも、日本だったら100円ショップもあるしもっといろいろ安く買えるだろうなー
            さらにランプはパッケージを開けてみたら、土台がもともと外れていて、セロテープでくっつけている状態です。

            でも、これに似たランプが日本のIKEAでは4,000円もするのね。ちなみに私は10ユーロ弱で買いました。

            これからのドイツ生活が楽しみです。





            | kaninchen | ドイツ | comments(4) | - |
            オーストリア
            0
              JUGEMテーマ:ヨーロッパ


              ヨーロッパに到着し、早1週間がたとうとしています。
              福岡を発ったときは、37度だったののに、ウィーンに到着したとたん13度!体がおかしくなりそうです。

              今回ははじめてオーストリア航空のビジネスクラスを利用してみました。
              ルフトハンザやANAやアシアナではかなりビジネスを利用していますが、今回はウィーンでの仕事があったのでオーストリア航空に乗ってみました。
              エコノミーは満席状態でしたが、ビジネスはかなり空きがあり、ゆったりと過ごさせていただきました。
              オーストリア航空に乗ってびっくりしたのが、なんと本物のコックさんであるフライングシェフがビジネスには乗り合わせ、コックさんの衣装で食事をサーブしてくれるのです。食事は普通においしかったのですが、なによりもびっくりしたのがコーヒーの種類の多さ、とデザートのおいしさです!今までこんなにおいしいコーヒーとデザートは飛行機の中で食べたことがないくらい、どちらもおいしかったのです。
              ワインもおいしく、つい飲みすぎてしまったのですが、前日一睡もしていなかったので気持ちが悪くなり、その後はひたすら水を飲んでいました。

              しかし、いつも行っているドイツとオーストリアってイメージが違い、少しびっくりしました。
              なんかドイツよりオーストリアのほうがおしゃれなんですよね。それに皆さん優しい・・・でも、なんか少しお鼻の高そうな感じも受けました。
              そして、やっぱりコーヒーとケーキがどこのカフェでもおいしい!ということで、滞在中にいったい何倍のコーヒーを飲んだことでしょう!それもリキュール入りのコーヒーばかり飲んでいて、胃がちょっとおかしくなりました。
              特にOBERLAAのザッハトルテ(3.5ユーロ)がすごくおいしかったです。デメルや本家ザッハのものより、私はこちらのほうが好きです。生クリーム(1ユーロ)をのっけてのオーダーがお勧めです。

              それからウィーンではクレジットカードを3重に切られ、もう大ショックです。取り消しはしました、と言われたもののその明細も出てこず、さらに本日インターネットで明細を確認したところ、やはり高い金額で請求が来ていて、でも、8千円くらいだから、もういいか、と思ってしまったり・・・

              さて、ウィーンでの滞在も終わり、これからはドイツでの生活についてつづって行きたいと思います。


              | kaninchen | ドイツ | comments(6) | - |
              Das Boot U・ボート
              0


                ドイツ語の生徒さんからUボート パーフェクト・コレクション (初回限定生産)のテレビ版がケーブルテレビでやっていると聞き、さっそく本日見てみました!主人がいないので、ただいま独身気分満喫中の私はチーズと赤ワインをちょびちょびではなくぐびぐびやりながら、いつの間にか画面に引込まれてしまいました!
                実は私はこのU・ボートにテレビ版があるなんて生徒さんから聞くまで全く知らなかったのです。ドイツ語中級者の時にはじめて最初から最後までビデオで映画版のほうを見て「なんて暗い映画なんだ。」と思っていたのですが、今回テレビ版をじっくり見てみると人間模様というか描写がすごいですね。さすがドイツ映画!
                さて、途中まで見ていてすごく気になったのが原作者ロータル=ギュンター・ブーフハイム本人がモデルとなっているヴェルナー少尉役の方なんです。なんか見たことある・・・有名な俳優さんだろうか?いや、そんなんじゃなくもっとはじけた場面でよく見た気がする・・・
                コメディアン?うーん・・・
                放送終了後、ネットで調べてみてびっくり!なんとこの方じゃないですか!そう教科書emでもお馴染みのMännerを歌っているHerbert Grönemeyerさんだったのです!いやーびっくり!ご存知の方も多いと思いますが、彼は2006年のFIFAワールドカップドイツ大会のテーマZeit Dass Sich Was Drehtも歌っているのですよ!

                しかし、このテレビのドイツ語ほとんど聞き取れないのですが・・・ちょっとドイツ語通訳としての危機か!?いや、それよりも年なのかもしれない・・・なにせただいま40肩らしく腕が全然持ち上がらず、さらに後ろに手が回せず背中も洗えないし、背中にホックがある服は着れません。近眼に加えて老眼らしき兆候も見えるし・・・やばい、やばすぎる!
                とりあえず出張に向けてドイツ語勉強するぞ!ってもう日にちがないんですが・・・
                応援のワンクリックをお願いします!




                | kaninchen | ドイツ | comments(6) | - |
                RIMOWAまた壊れた・・・でも、人生色々あるね!
                0
                  主人がドイツより帰ってまいりました!またまた壊れたリモワをひきずって・・・
                  壊れすぎです。既に1年4ヶ月の間に5回修理に出しました。もう2度とリモワなんて買うもんか!と思いつつもあの引き心地を考えると他のものにはもう戻れない・・・
                  さて、次回は何を買ったら良いでしょうか?


                  そういえば、主人はこれで今年3度目のドイツ出張。さらに秋・冬1回づつ行くらしいです。私は今年は2度しか行っていないので、もう完璧に数の上では負けています。でも、彼はドイツに行けばいくほど、ドイツの悪いところばかり見て帰ってきます。他の国のことはベタボメですが、ドイツに関してはかなり悪く言っています。先日はフランクフルトで現地ドイツ人にアップルワインを振舞われ、まずいのに我慢して全部飲んだ、もう2度とごめんだ、などと言っておりました。

                  私も10月に大きなイベントを控え、最近は家でおとなしくしております。実は前回のブログを書いた直後に無理をしてがんがんに翻訳の仕事を入れたら、とうとう右目が大変なことになってしまったので、新規の仕事はほとんど全て断って、療養しておりました。(って実家で寝ていただけですけれどね)
                  で、家でじっくり物を考えていると、いろいろな事が浮かんできて、また大切なことに気づく時間を手に入れました。まあ、考えてばっかりいてもしょうがないので、それをいかに実行に移すかが、今後の課題ではあります。
                  なにはともあれ、健康第一!そんなわけで明日はがん検診に行ってきます。バリウムを飲むのですが、げっぷをしないように気をつけなければ!でも、これで何も異常がなかったらまた無理をしてしまいそうです。
                  それでもこんな私に仕事を頼んでくださるクライアントの皆様には大変感謝しつつ、今日はこれくらいで・・・

                  ドイツ語おもしろ翻訳教室
                  下のバナーをワンクリックお願いします。


                  | kaninchen | ドイツ | comments(8) | - |
                  ストライキ!こらーお前ら真面目に仕事やらんかー!
                  0
                    日本に帰ってきましたよー!日本に帰ってきてからもドイツとのやり取りで、昼と夜の時間が逆転し、夜寝る暇もありませんでした。でも、それって儲かっているわけではなく、ひたすら自分自身を切り売りしているかのような錯覚に陥るほどシビアなものでした。

                    さて、ドイツの最後の6日間はベルリンのアパートを引き払い、友人や仕事先の人を訪ねてドイツ中をぐるぐると回っていました。その時Deutsche Bahnが発行するDauer-Spezial(3日前まで購入可能、遠くても最低29ユーロからという片道チケット)を買って旅しようと思ったのですが、どこからともなく聞こえてくる悪い噂。「この安いチケットではたとえストライキでも他の列車に変更できない。」窓口のおばちゃんに聞いても、それぞれが違う回答!「ストでも変更はきかないわよ。いかなる場合も変更払い戻しはきかないからこのチケットは安いのよ。」というおばちゃんもいれば、「ストの状況にもよるわね。」というおばちゃんもいる。そ、そ、それでは困る!ということで急遽ジャーマンレールパスに変更。さあ、万全を期していざ出発!
                    と思ったらしょっぱなからストに突入!重いスーツケースを2個抱え、番線変更のアナウンスに従い、その番線に行ってみたものの、列車は動かず、更なる番線変更!そして再度、超重量級の荷物を抱え移動するもののそこの列車も動かず、そこで流れたアナウンスが「最初の番線に戻ってください!」だとー?そこで最初の番線に戻ると、そこで待ち構えていたZDFのリポーターに英語でインタビューされ、ドイツ語で答えると「だめだめ、重いスーツケースを持って、でも言葉が出来なくて困っている旅行者じゃないと!」だと!?お前ら、人をなんだと思っているんだ!結局1時間半遅れで電車は出発し、汗だくだくの車内で聞いた無情な車掌のお言葉。「たぶん、この列車は終点まで行けないから。」でも、まあ彼は乗換便を案内してくれ、私はまあいいっか、という感じで座っていたら後ろで女性の金切り声!「なんですって!?私は前の電車にストライキで乗れなかったからこの電車に乗っているのに、このDauer-Spezialはこの電車には有効ではないですって?じゃあ、いったいどうやってミュンヘンまで行けって言うのよ!」おーっと、出ました。Deutsche Bahnの超身勝手さ!でも、他の男性乗客も多数その女性に加勢して、車掌は数人の男性に取り囲まれ、あわやピンチか?と思ったその瞬間に、車掌はいとも簡単に「本当はだめだけれど特別に私の意志で書き直してあげましょう。」とのたまわったのでありました。
                    そして、翌々日再度列車に乗ろうとすると、再度ストライキ!その日の朝にホットラインに電話をかけてストが行なわれるかどうかを確認した時は、そんなことは一言も言っていなかったのに!それも私の使う路線全てです。そこで1時間待ちましたがその列車の動く気配は全くなく、しかし私には目的地でミーティングがあったので他の路線を使用し、なんとか2時間遅れ(約束には1時間遅れ)でたどり着くことが出来ました。
                    さて、心配なのが最終日です。もし、列車が走らずに飛行機に乗れなかったじゃ済まされませんからね、ということで最終宿泊地はギーセンにしました。ここだったら列車が走らなくても車で空港まで1時間半だから、タクシー捕まえれば何とかなるでしょう、ということで27年来の友人レギーネ宅にて素晴らしい夜を過ごしました。レギーネ宅にはドイツ入国日と最終日の宿泊と2回もお邪魔して申し訳なかったけれど、彼女のご両親もすごく歓迎してくれて、寒い中皆でお庭で楽しくバーベキューをしたのでした!

                    さて、次の日ギーセンの駅に行ってみると・・・

                    その前に下のランキングをワンクリックお願いします。
                    にほんブログ村 外国語ブログへ

                    ドイツ語おもしろ翻訳教室
                    続きを読む >>
                    | kaninchen | ドイツ | comments(14) | - |
                    スタジオ訪問と大切な気付き
                    0
                      先日、昨年ドイツで従事していた建築家の元になんと往復16時間かけて日帰りで行ってきました。北東から南西への旅ということで、ドイツを斜めに縦断してきました。
                      しかし、朝5時に家を出て、夜の1時に家に到着というなんとも40女の身体に悪い強行軍。
                      しかし、それだけ時間をかけていった甲斐がありました。スタジオの皆様から歓待を受け、特に私が実習していたデザイン部門での歓迎振りはすさまじく、たった3時間の滞在ではありましたが楽しく過ごしてきました。
                      おまけに6月に出版されたその建築家の書籍2冊までお土産にいただきました。ただ、あまりにも重く、即効でスタジオの近くの駅から日本に郵送で送ってしまいました。
                      そこで感じたことは、私ってなんて恵まれているんだろう、今までなんとたくさんの人に助けられてきたのだろう、ということ。皆、年齢は近いのに、私のことを自分の子供のように心配してくれる(私が幼すぎるのかも・・・)私のことを考えてくれる人がいる、そして心配してくれる人がいる、それだけで元気を取り戻せます。
                      実は今回色々と試みていたことがあったのですが、思うように上手く事が運ばず落ち込む事もあったのですが、今回のドイツは色々と考えさせられることが多く、大変有意義な滞在となりました。そして、今回の滞在で思い知らされたことは、いかに自分が思い上がっていたか、ということ。これが一番の収穫でした。自分のことが分からずにどんどんビジネスを進めていっても、必ずどこかでしっぺ返しが来る。その前に、大事なことに気が付くことができ、今回は大変ラッキーだったといえます。
                      周りで支えてくれる方々の力があったからこそ、ここまで来れた、ということも強く感じ取ることができ、今回の渡独を快諾してくれた主人にも強く感謝している次第です。

                      本日も電車で片道6時間の旅です。ただいまICEのなかでこの記事を書いています。いったいいつアップすることが出来るでしょうか?日本に帰ってからだったりして・・・(幸いに駅でつなぐことが出来ました)

                      たぶん、ドイツより最後のアップです。応援クリックよろしくお願いいたします。
                      にほんブログ村 外国語ブログへ

                      ドイツ語おもしろ翻訳教室


                      | kaninchen | ドイツ | comments(8) | - |
                      検証−ドイツで保険無しで歯医者にかかるといくらかかるのか
                      0
                        歯抜け生活4日目。食べることのできる物は具なしスパゲティとスープ、そしてヨーグルトのみ。栄養失調のかたまりで足がつりまくりです。

                        さて、私が人身御供となってドイツでの保険無し治療を検証してきました。
                        さて、保険無しで全額負担だと歯の治療にいくらかかるのか?
                        治療といってもかなり簡単でした。何しろ抜けた仮歯をセメントで仮付けするだけですから。さて気になるそのお値段は・・・・

                        その前にランキングをポチってしてから、次のページに進んでくださいね。
                        にほんブログ村 外国語ブログへ

                        ドイツ語おもしろ翻訳教室


                        続きを読む >>
                        | kaninchen | ドイツ | comments(12) | - |