無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    スカンジナビア航空(SAS)ビジネスクラス
    0
      JUGEMテーマ:旅行


      今回の出張ではアシアナのビジネスも、ANAの正規の安いチケットも取れなかったので、スカンジナビア航空のビジネスを使っていってきました。
      とはいっても安い韓国発券のため、いったん福岡から韓国に渡り、そこから東京に飛び、東京からコペンハーゲン経由でドイツ入りする、という複雑極まりないものになりました。おかげで荷物はものの見事にロストバゲージになりました!
      今回は2週間と言う短期間で、かなりの仕事を済ませねばならず、結構きつめにスケジュールを組んでいたので、荷物が届かず大変なことになりました。今回もホテル住まいではなくアパート暮らしだったので、私の他に誰も受取人がいなかったので、翌日は荷物を1日中アパートで待っていなければなりませんでした。日本のように便利な運送屋さんなんてドイツには皆無だから、一旦荷物を逃したら、翌日まで受け取れないし・・・
      結局荷物は何度も何度も督促の電話をかけ、最後には「19時までに届かなかったら明日の配達になります」とまで言われましたが、何とか19時ギリギリに受け取ることが出来ました。ほっ!

      さて、行きの機体ですが古い機体だったので傷みがひどく、さらにシートも結構ガタが来ていました。さらにビジネスも満席で、なんか窮屈な感じがしました。料理ですが、オーストリア航空と同様にフライングシェフが乗っていまして、料理をサーブしてくれましたが、オーストリア航空の方が本格的なサーブでした。
      皆様がご就寝中にも私は仕事をしていたので、バーに行ってみたところ、北欧系の方と客室乗務員の方がバーで盛り上がっていましたので、私もそこに混ぜてもらい楽しいひと時を過ごさせていただきました。やっぱり英語が出来ると、世界が変わるなー、と思った瞬間でした。(少し前まではあまり英語が話せず悔しい思いをしていましたので)

      そして、コペンハーゲンからベルリンに飛ぶ飛行機はとても小さな機体で、ビジネスなのに座席もエコノミーと全く同じのきつきつ状態で、おまけに隣には慎重2mのドイツ人!キャリーバックも積み込めず、これでビジネス料金を払わなきゃいけないなんて、という感じでした。さらに一番前に座っていた私に、乗務員の方が転び、思いっきり氷を2リットル分くらいぶちまけてくれました。もう震えましたよ!彼女はぶちまけた氷をまたその容器に手で集めて入れていたから、彼女もさぞ凍えたことと思います。その後の飲み物サービスでは、私にシャンパンの他にも珈琲やなんかをおまけで色々くれましたけれどね・・・でも、隣のドイツ人が笑えました。「コーラ。でも、氷は無しで!」と氷を入れようとしていた彼女に思いっきり制していました。彼女が「これは違う氷ですから」と言っても、「いやいらないから」と言い、その後私に「違うと言っているけれど、きっと集めた氷を使うに違いない」とボソッと言ってきました。

      帰りの機体(ベルリンからコペンハーゲン)はなぜか機体不良でいきなり大きい機体に変更になり、だだっ広いビジネスには私一人きりで、これまた1時間の飛行ながら至れり尽くせりのサービスでした。
      コペンハーゲンから東京行きの乗り継ぎが国際線なのに40分しかなく、かなりあせりましたが、これまた全速力で走り、何とか無事乗り継ぐことができ、もしものために東京1泊を組み込んでいたのですが、東京では埼玉まで母親を訪ねる余裕までありました。
      そして、東京経由で韓国まで行ったのですが、東京から韓国まではアシアナのビジネスの為、これまた至福の時間を過させていただきました。

      そして、韓国から帰って来たとたんに、空港近くの島が北朝鮮に砲撃された、というニュースを聞き、びっくりしてしまったのでした。
      そういえば、今年の4月にバンコクにいたときも日本人ジャーナリストが狙撃されたり、とちょうど色々ある時期に海外滞在がぶつかってしまうのね、と自分のあまりものアクシデントに当たる確立に愕然としてしまいました。
      アクシデントがあったため、飛行機の発着時間が遅れ、なんと同じ日にアメリカから帰ってくる主人とほぼ同じ時間に帰国、となってしまい、本当だったら2時間前に着いていたはずなので車で迎えに行こうと思っていたのに、それもできず、主人にも悪いことをしてしまいました。

      まあ、でも無事帰国いたしました。ドイツでの話はまた後ほど
      | kaninchen | 仕事 | comments(0) | - |
      I love Sweden!
      0
        皆様、お久しぶりです!
        北欧から戻ってきましたよー
        って言っても10日以上前のことですが・・・
        その後もたまった仕事の後片付けで忙しくしておりました。

        今回はスウェーデンとデンマークへ出張だったのですが、スウェーデンはもう最高!料理も口に合うし、なんていったって人が親切なのが素晴らしい!こんな親切な人たちがいる国なら移住を考えてもいい!と思えるほど素敵な国でした。
        それに比べてデンマークときたら、たまたまなんでしょうけれど、最低のことだらけでした。とにかくぼられまくりで、そのうえホテルも最低でした!おトイレは初日から詰まっていて使えず、配管が一緒のシャワーもほとんど使えず、毎回5階から地下のトイレまで行かなければならず、それも夜中は地下のトイレも使えず、でもう本当にいやになりました。それに関してホテル側は「明日には直すから。」との言い訳ばかりで、何もしてくれませんでした。様々な雑誌にエコホテルとして取り上げられている、結構ランクの高いホテルだっただけに、とても残念でした。がんがんとクレームをつける私に「じゃあ、料金を負けるから」といったにもかかわらず、最終日には「そんなこと聞いていない。(担当者が違ったのです)」の一点張り。
        タクシーにも2,000円もぼられ、それに対して強硬姿勢の私に向かって脅しをかけてくるし・・・おいおいおい・・・
        それに比べてスウェーデンの素晴らしいことといったら!森と湖に囲まれた素敵な所でした!
        それに仕事も成功したしね

        あっ、そうそう仕事のことですが、皆様にはご心配をおかけいたしました。
        おかげさまでスウェーデンではなんとか英語の通訳も無事こなしました。担当者の方がドイツ語をかなり勉強してくれたので、その方との話し合いはほとんどドイツ語で済ませることが出来、非常にラッキーでした。しかし、工場見学や、施設見学、それから他の方がされるプレゼンは英語で通訳をしなければならず、非常に苦しい思いをしました。特にR&Dの英語のプレゼンにはやはり集中力がきれそうになりました。頭に専門用語を出来るだけインプットしていったおかげで、英から和への通訳には問題なかったのですが、和から英に関してはこちらが質問したいと思うことがなかなか口に出てこなくて、歯がゆい思いをしました。ただ、先方はとても親切でこちらが言いたいことを一生懸命、理解しようと努めてくれたので、この商談は上手くいったのだと思います。ですから、英語はまだまだ勉強しなければいけませんね。
        スウェーデン最高!絶対また行きます!

        その前にドイツ語通訳の仕事もあったのですが、そちらの方はまた機会があったら報告したいと思います。

        応援のワンクリックをお願いいたします!
        にほんブログ村 外国語ブログへ

        ドイツ語おもしろ翻訳教室

        | kaninchen | 仕事 | comments(6) | - |
        ドイツ人は足がまだ動いているイカの活き作りを食べられるでしょうか?
        0
          やっと、2月の一番大きな仕事が終了しました!
          とあるドイツの会社との長年にわたる大きな問題解決に加えて、さらにこちらの要望も全部聞いていただく、という責任の大変問われる仕事。
          おかげさまで信じられないほどの大きな成果を得ることが出来まして、ほっと一安心。

          実は最近は事情があって、少しドイツ語から遠ざかっていました。で、何をしていたかというと英語!なのです。
          前回の韓国出張で、自分のあまりにもの英語の出来なささに落ち込んでいた私ですが、落ち込んでいようがいまいが仕事はどんどん来る!それも英語の翻訳ばかりが!まあ、翻訳はそれほど問題はないのですが、3月にまた大きな英語関連の通訳(分からない部分はドイツ語を使用してもOKというありがたい仕事)も入ってきて、さらに海外出張も入ってくるので、きちんと英語を勉強しなおすことにしました。

          さて、さて、今回大きな成果を得ることが出来た仕事ですが、そのドイツ人の方とは2度目の対面です。1度目はドイツで、そして今回日本で!ちなみにメールや電話ではしょっちゅう話しはしていました。でも、最近は英語ばかりに関わっていたので、少しドイツ語に不安もありましたが、その方から素晴らしいおほめのお言葉をいただき、またまた感激してしまいました。
          「色々な通訳さんがいるが、人の気持ちを上手く伝えてくれるのは、君が一番上手い。
          言葉はいくらでも翻訳することが出来るが、人の気持ちを伝えることが出来る才能を持っている人は少ない、君はその数少ない内の一人だ。」、とおっしゃってくれたのです。例えば、彼はたくさんのパーフェクトな翻訳ビジネス文書(書簡)を受け取ることが多いのですが、君の文書を読むと時々冠詞が抜けていることもあるが、それでもハートが伝わってくる、だからもっと努力しようと思う、とまで言ってくれたのです。トライリンガルの彼に、「パーフェクトな翻訳力も必要だが、ビジネスに本当に必要なのはここ(ハートをさしながら)だ!いくら文法上の間違いがなくても、ハートがなければビジネスは出来ない。」と言われまたまた調子に乗ってしまいました!
          その方は輸出担当なので、世界各国を輸入先を訪ねて回っています。その際に、英語を使用することが多く、英語の通訳さんが先方につくことが多いそうです。でも、そうするとやはり交渉が難航することが多い。こちらも自分の母国語でない英語を使用し、先方はさらにドイツ語の通訳を使用するならまだしも、英語の通訳を使用する。だからその間に、幾重もの壁が存在して、自分の思うことがきちんと伝わらないことが多い。ある時、韓国を訪問してどうしても韓国の英語の通訳さんのいう事が分からなかった、と言うのです。内容だけではなく、発音が全然聞き取れなかった、ともおっしゃってました。もちろん契約は決裂したそうです。

          さて、その方とイカの活き作りを食べましたが、彼曰く「味がなくて美味しい!」でした。ドイツ人はイカを「ゴムみたいだ」と思っている方が多いので、生きているイカなんて絶対無理では?と思ったのですが、全く大丈夫でした。まあ、色も透明で本当に生臭くないお刺身でしたから、OKだったんでしょうねー

          やっぱりビジネス通訳はいいですね。達成感が大きいです。久しぶりのドイツ語ビジネス通訳でしたが、これからも貪欲的に取り組んで行きたいと思っています。

          ランキングに参加していますので、ワンクリックお願いします。
          にほんブログ村 外国語ブログへ

          ナマケモノでも短時間で本を速く読めるようになる速読法
          | kaninchen | 仕事 | comments(10) | - |
          仕事がキャンセルに それって・・・
          0
            実は本日から4日間通訳の仕事が入っていました。
            しかし、昨日先方から連絡が入り突然キャンセルになってしまいました。
            さあ、あなたならどう思いますか?
            私の場合はですね・・・

            続きを読む >>
            | kaninchen | 仕事 | comments(11) | - |
            若き青年経営者達「日本青年会議所」
            0
              私がこのブログによく書く「若き青年経営者達」というのは実は・・・

              私は、基本的にこのブログには取引先が特定されるようなことは書いておりませんでした。それは人材会社に勤務していた時に、「相手の了解を得ずに、取引先のことを他の人に話してはいけない。例え、あなたの身内だとしても取引先のことを話してはいけない。」と強く言われたので、それを今でも実践しているのですが、このブログの存在を「若き青年経営者達」に知られるところとなり、おまけにメルマガまで購読しています、と言われ、さらに「自分たちの事をブログで言ってもらっても全然構わない。」との優しいお言葉をいただいたので、ここで公開させていただきます!
              「若き青年経営者達」というのですはね・・・・





              引っ張りすぎました。

              はい、それは日本青年会議所に所属する「鳥栖青年会議所」なのです。
              青年会議所(JC)とは
              青年会議所(JC)は、“明るい豊かな社会”の実現を同じ理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。
               青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。
               50余年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在743の都市に約46,000名の会員を擁し、全国的運動の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が東京にあります。  全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所(JCI)ですが、国及び地域に98NOM(国家青年会議所)があり、約26万人の会員が国際的な連携をもって活動をしています。
               創立以来の「三信条」は、われわれの運動展開の中で年を追って具体化され、青年会議所運動とは、「指導力開発と社会開発」であるとの事業スローガンに到達しました。
               日常の活動の場を通して、われわれ個人個人をよりよく開発し、それを明るい豊かな社会」を創り出す為の原動力として、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所なのです。
              −鳥栖青年会議所のHPより引用−

              すごいですね。活動としては
              ■子供達の育成
              ■スポーツ振興
              ■地域特性を活かしたまちづくり
              ■世界の仲間と友情をもって交流
              ■ボランティアは青年の責任
              ■小さな善意を結集して 大きな力に。 活発な募金活動
              ■常に最善をつくせるように 自己トレーニング
              ■対話がつくるよりよい社会
              等を行なっています。

              そして、鳥栖市は実は映画『月光の夏』特攻兵が出撃前に弾いたピアノにまつわる実話の町です。それがきっかけで鳥栖市と東ドイツの小さな町ツアイツで姉妹都市関係を結んでいます。信じられないようなことですが、この小さな町ツアイツにはとても素晴らしい日本庭園もあります!
              そういったこともあり、鳥栖市はドイツの青年会議所とも大変交流が深く、毎回ドイツの国際会議に招待されており、ドイツからも彼らを頼ってたくさんの青年会議所のメンバーが訪れます。ドイツ青年会議所の中で鳥栖青年会議所の知名度は大変高く、鳥栖青年会議所の皆さんはドイツ青年会議所のトップと気軽に言葉を交わしています!それくらい、ドイツの中で鳥栖青年会議所の位置づけは高いのです。

              鳥栖青年会議所は小さいながらも、素晴らしい精神を持った青年達であふれ、私のつたない通訳にも寛容であります。また、お客様でありながら、まだ1年弱のお付き合いながら、皆様お友達感覚で楽しい方々ばかりです。
              どうぞご興味のある方は鳥栖青年会議所のHPをのぞいてみてください。

              ちなみにこの『月光の夏』ですが、泣けます。これを見るたびに、いえ、思い出すだけで涙がこみ上げてきます。お正月のお供にぜひご覧ください。この映画をドイツで思い出し、号泣してしまって通訳失態劇を演じそうになってしまいました。

              応援のワンクリックもよろしくお願いいたします。
              にほんブログ村 外国語ブログへ

              本当は誰でもできる最速英語マスター法!Aコース
              | kaninchen | 仕事 | comments(2) | - |
              ドイツ人ご一行様福岡をかっぽ!
              0
                韓国から帰ってきた私はその後ドイツ人14名を引き連れて色々と視察しなければならなかったのですが、その合間にもちろん福岡の歴史や長崎の歴史その他もろもろ九州の事象をドイツ語で説明しなければならなかったのです。ビジネス通訳には慣れている私もこの歴史や日本事象に関する説明には大変苦労しました。もちろんある程度勉強していればそんなには困らなかったのでしょうが、韓国から帰ってきてすぐの通訳です。もちろん基本事項である視察の部分には手を抜けず、そちらに力を注いだため、本当にわが国日本を説明するのにこれほど困るとは思ってもいませんでした。そう、日本を説明する独特の言い回しがまだ身についていなかったのです。さらに、質問されても私の九州に関する知識の乏しさから、思うような回答ができなくて本当に歯がゆい思いをしました。
                それでも最後には皆様ご満足のうえ、ご帰国されました。
                私ももっとドイツ語を磨かなければいけません。そして、日本をもっとドイツ語で説明できるようならなければなりません
                ドイツ人が日本人によく聞く100の質問―ドイツ語で日本について話すための本

                よろしかったらワンクリックお願いします。
                にほんブログ村 外国語ブログへ

                夢を叶える人の睡眠術

                | kaninchen | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0) |
                韓国出張-世界会議通訳-
                0
                  もう韓国から帰ってきて既に1ヶ月がたってしまい、時はすでに師走!師も走るっていうほど、忙しい時期、そして翻訳者の稼ぎ時でもあります。
                  さて、韓国にはとある世界会議のドイツ語通訳として行きました。しかし、韓国での会議すから、公用語は英語となっておりまして、ドイツ人以外の世界各国から来ている方とは当然英語で会話しなければなりません。でも!英語力がかなりなまってしまっていました。ギリシャの方に「ヒー ステイド イン ギリシャ トゥーイヤーズアゴー」と言って「すみません。あなたの英語分かりません。」と言われてしまった時は大ショックでした。それでもなんとか説明を続け、最後にはドイツ語でグリーヒェンランドと言って「あーグリースのこと?」と言われてしまった時には、もう情けなかったです・・・・
                  しかし、自分の英語力を棚に上げて言うのもなんですが、韓国の方たちって英語が出来ないんですね!いや、一般の方が出来ないのはいいのです。模範タクシーの方たち、4ツ星ホテルの受付の方々、そして極め付けが国際線の地上係員の方々!そして、皆さん日本語の方がよく出来ます。タクシーに乗ると運転手さんが必ず言います。「ヨンさま?ヨン様?ぺ・ヨンジュ?」と!あのー、私ヨン様ファンじゃないんですけれど・・・と言いつつ、運転手に「ヨン様?」と聞かれるたびに受けまくってしまいましたが・・・
                  残念ながら終日仕事のため、期待していたエステや高麗人参風呂、あかすり等は体験できませんでした。ショッピングも最後の日に空港の売店で高麗人参チョコレート
                  黄土石鹸
                  を買っただけなのですが、この黄土せっけんがすごい優れものです!さすが韓国の女優さん語愛用の品です!毛穴の黒ずみがあっという間に取れ、さらに洗ったあとしっとりです。販売員さんが言うことには、このせっけんを使用したあとには化粧水はいらない、とのことだったので洗顔後何もつけなかったら、翌日朝にはしっかりと自分の脂で潤っていました。さすがに今は冬で乾燥しているので化粧水だけつけていますが、秋はこれだけでOKでした。
                  あー、また韓国に行ってこのせっけんや他のパックが欲しいわー!だって韓国まで福岡から飛行機で50分!船でも2時間半なんですよ!東京に行くより近いって、どういうこと!

                  よろしかったらワンクリックお願いします。
                  にほんブログ村 外国語ブログへ


                  英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法
                  | kaninchen | 仕事 | comments(0) | trackbacks(3) |
                  フォン・ガルニエー日本縦断ツアー 福岡編 パート
                  0
                    さて、福岡講演当日です。実は私はこの講演で、急遽ブースに入って同時通訳も受け持つことになりました。それは緊張しました。だってブースなんて1年ぶりですよ。それもこの講演に関しては同通の準備なんて全くしていません。でも、私はこの10日間、常に彼らと一緒に行動してきたし、他の同時通訳さんたちの通訳も聞いてきたから、何とかなるだろう、と引き受けてしまいました。
                    当日は私のドイツ語の生徒さんや、ブログを見て集まってくれてきた人もいて、本番前は極度の緊張におそわれました。でも、私って本当に神経図太いみたいで本番であがることもなく、なかなか良い状態で終えることが出来ました。もちろんこれには他の通訳さんの多大なる協力があったわけですが、この通訳の出来には我ながら驚いてしまいました。でも、それで満足していてはいけません。これからも素晴らしい通訳になるための努力を怠らずにまい進していきます!
                    福岡は地元ということもあり、大変な客入りで一番盛り上がった講演でした。それを成功に導くことが出来て、あの時のことを思い出すと今でも胸が熱くなります。
                    講演終了後はイタリア定食屋にて最後の夜を楽しく過ごしました。
                    そして、ガルニエー一行は大変満足して、再度の日本訪問を約束して機上の人となったのでした。ドイツで今月発売される彼の400ページの書籍に日本紀行10ページを追加してくれて日本は本当に素晴らしい国として彼の脳裏に刻まれたのでしょう。日本人として本当に誇らしい気持ちでいっぱいです。
                    今回、ご協力いただいた皆様、講演にいらしてくださった皆様、そして通訳のお二方に再度このブログにて御礼申しあげます。ありがとうございました。

                    よろしかったらワンクリックお願いします。
                    にほんブログ村 外国語ブログへ


                    英語学習法:1日30分90日で159の例文を覚えて英語をネイティブ並にする勉強方法
                    | kaninchen | 仕事 | comments(2) | trackbacks(1) |
                    通訳者・翻訳者になるために 文章表現力、いえPR力
                    0
                      このシリーズって1年ぶりかしら・・・すごくお待たせしてしまいました。このシリーズが読者から一番要望の多いシリーズだったのに、すっかりごぶさたしておりました。

                      最近私宛に多く寄せられる質問が「Kaninchenさんはドイツに長く暮らしていたわけでもないのに、どうしてそんなにドイツ語の仕事がたくさん来るのですか?」ですね。先日なんて同時通訳の方から「Kaninchenさんの通訳聞きました。悪いけれど私よりレベル的にはかなり低いです。それなのにどうしてそんなに仕事があるのですか?」などというメールもいただいてしまいました。
                      うーん、皆さんおわかりになっていないです。確かに私のドイツ語はまだまだ発展途上です。でも、一応仕事をそつなくこなせるレベル(Bクラス)ではあります。それでも世に言う”Aクラス”の人と同じくらい引き合いがあります。なんででしょう?それは皆さんには少ししかないけれど、、私にはたくさんあるものがある、ということなのです。
                      2つあるのですが、1つはまた後日触れさせていただくことにして、本日はそのうちとても大切な文章表現力、いえPR力(人をひきつける力)についてお話しさせていただきたいと思います。

                      皆さんご存知のことと思いますが、私は長いことOLをやってきました。その2社目の電機メーカーで私はかなり鍛えられました。当時、私は食器洗い乾燥機をいかに日本に広めるか、という啓蒙活動兼販売促進活動に日本中を飛び回っておりました。そのころの食洗機のシェアはなんとわずか3%でした!そんなわけで皆様「便利そうだけれど・・・お水や電気代がかかるしね・・・」と購入にとても消極的でした。私自身は15年前から食洗機を使用していたので、その良さはわかっていたのですが、いざ会社が用意したマニュアルを持って各キッチンメーカーのショールームに言っても反応は同じ・・・そこで私はどうやったら商品が売れるのだろう、どうやったらこの商品の良さを分かってもらえるのだろう、と試行錯誤し、すごい数の書籍と新聞を読み始めました。行きの新幹線で1冊、帰りの新幹線でも1冊、通勤時にも1日1冊!家では新聞2紙。そして、毎日、食洗機の魅力を自分なりに書き出していました。当時はパワーポイントなんて出回っていなく、どうしたら良いプレゼンが出来るのだろう、と日々考えていました。今、考えるとすごいです。そのなかからどうしたら商品が売れるのか、ではなく、どうしたらより人に訴えかける、人の心を打つPRが出来るのかを学び、全体像を掴むことが出来たのでした。そして、この力は商品の販促だけでなく、色々なところに応用できました。私がその後別会社で採用という職にありつけたのもこの自己表現力のおかげといっても過言ではありません。

                      ここではっきり言いましょう。あなたにかけているものは自分という商品をPRする力なのです。あるパターンさえ分かれば、その力はかなりあがります。「ドイツ語出来ます。」「向こうに3年住んでいました。」・・・だから?それがPRになるとでも思っているんですか?それで人の心を打つことが出来ると思っているんですか?あなたは自分の仕事の全体像が、流れ・方向性が見えていますか?ただ、仕事が欲しいだけではだめなんです。思考を発想を変えなければだめなんです。
                      最初の1歩を勘違いして踏み出していませんか?
                      よーく考えてみてください。

                      残念ながら私はこの思考方法をあなたにここでうまく教授することは出来ません。また、私のようにひたすら本を読め、とも申しあげません。もっと、楽にそのパターンを書籍で学ぶことも出来ます。もし、あなたが本気ならば自分に少し投資してみてください。本気で投資したものは必ずいつか自分に返ってきます。私が教える以上のものを下記の書籍から学び取れるはずです。
                       奇跡の文章講座&発想法「1億円ライティング」 (ただいまお申し込みいただいた方はこの作者の運営するシルバーサポート1ヶ月無料体験が出来ます)

                      よろしかったらワンクリックお願いします。
                      にほんブログ村 外国語ブログへ



                      | kaninchen | 仕事 | comments(4) | trackbacks(0) |
                      フォン・ガルニエー日本縦断ツアー 福岡編
                      0
                        長らくお待たせいたしました。やっと福岡に到着です。
                        京都から福岡に向かう新幹線でも彼らご一行様は写真を撮りまくっています。駅弁初体験の彼らは駅弁1つとっても「芸術だ!」と写真を撮っています。でも、さすがに1時間もすると男性陣は恒例のお昼寝タイムに入りました。私もつられてウトウトしていると、奥様の質問攻撃が襲ってきます。「ねえ、あれは何?何であんな形をしているの?意味はあるの?」それにひとしきり答え終わったあとは今度目を覚ました男性陣の質問に答える番です。質問三重奏に、いかに自分が日本に関して知らないかを思い知らされました。
                        さて、博多駅に到着するとフォン・ガルニエーを招待した会社の方々が社をあげてお出迎えに来てくれていました。それもドイツの日本の小旗、それからドイツの大きな国旗、そして彼の顔写真入りの「Herr von. Garnier, Herzlich Willkommen in Fukuoka!」と印刷されたポスターを持ってのお出迎えです。これには日本人の私もいたく感激してしまい、思わず涙が出そうになってしまいました。
                        その後、市内の海沿いに立っている、彼らの福岡での宿泊地JALリゾート シーホークホテル福岡に向かいます。ここは海も見えて、リゾートホテルムード満点なのだけれど、東京で泊まってきたグランドハイアットと比べてしまうと、かなり落ちます。さらにサービス面でのちょっとした事件もあって、ひやひやさせられましたが、そこは全て「海」という景色に救われました。
                        ホテルについて一息ついてからも彼らにはお仕事が待っています。さっそく九州大学へ向かいデザイン・色の権威と呼ばれる方々と懇親を行ない、翌々日の講演のディスカッションについての打ち合わせを入念にします。そして、ホテルに帰りついたのは既に9時過ぎで、それから遅い夕食となりました。ホテル内にある鉄板焼きレストランにてステーキと海の幸を堪能させていただきました。でも、時間が遅かったためかあまり長いこと食事時間がなく、少し残念でした。

                        翌日は朝から福岡観光をしながらある迷惑施設への表敬訪問を行ない、ここでも素晴らしい手ごたえを感じることが出来ました。しかし、事件は私に起こってしまったのでした。
                        その日、ほとんど声が出ず、咳が止まらなかった私は朝一番にかかりつけの医者によって、「明日1日私の喉がもつよう手立てを講じてくれ!」と頼み込み、筋肉注射を打ってもらったのでした。ところがです。この注射、喉の痛みも麻痺するのですが、頭もぼんやりしてきます。それだけならいいのですが、気持ちも悪く、だるくどうしようもない状態に陥ってしまいました。ですから車の中ではぼーっとして皆がお昼を食べに行った後も私は車に一人残って寝ていました。しかし、このある機関においてウィスパリングをしなければいけなくなりました。日本語からドイツ語へのウィスパリングはドイツから来た同時通訳の方が受け持ち、私はドイツ語から日本語へのウィスパリングをしていたのですが、途中でもう全てを戻しそうになり、一瞬目の前が真っ暗になり意識が遠のきました。もうだめです。これ以上やったら完璧に倒れます、ということでその後の通訳は同時通訳の方に全てをおまかせしてしまいました。(M・Hさん本当にありがとうございました!)またしても、通訳失格の失態をやらかしてしまいました。クライアントの方にもご迷惑をおかけしてしまったのですが、今まで厳しかったクライアント様が「今の通訳問題なし!」と、私を気遣ってくれて、クライアント様まで気を使わせてしまった私は、もうどうしようもない通訳です。
                        その日の夜は皆で中州に水炊きを食べに行きましたが、もちろん私は呑めず食べれず、で翌日に備えることになったのです。
                        いよいよ明日はこの日本ツアーのかなめの福岡講演です!

                        よろしかったらワンクリックお願いします。
                        にほんブログ村 外国語ブログへ

                        【元翻訳が教える】才能なしの凡人がムチャクチャ英語がうまくなる秘密の勉強方法 60日サポート付

                        | kaninchen | 仕事 | comments(2) | trackbacks(2) |