無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    英辞郎(CD版)ってなんですか?
    0


      英辞郎ってなんですか?という質問をいただいたので、ここで手短ではありますがお答えします。
      実は前回のコメントで”郎”の字を間違えていたようで、それで検索しても分からなかったようなのです。申し訳ありません悲しい

      英辞郎とは、プロの翻訳者・通訳者で構成される EDP制作の英和・和英データベースです。一般的な単語から、スラング、イディオム、ビジネス用語、経済用語、法律用語、特許用語、コンピュータ用語、科学技術用語、医学用語、固有名詞(組織名、企業名、人名、国名、映画名)などまでを網羅しています。翻訳者ご用達の、生きている電子辞書で、WEBの方では語彙が追加、編集され続け、日々進化しています。

      これかなり便利です、というか翻訳作業にはなくてはならない代物です。この価格(2,500円)でそこらの辞書よりたくさんの語彙が含まれています。以前はWEB版を利用していましたが、CD版にしてからは自分の見つけた新しい語や勝手にドイツ語なんかも足して、自分仕様に仕上げています。WEB版にない特徴として、上記の他にポップアップ機能というものがあります。こちらは単語の上にカーソルを置いて、あるキーを押すとその単語の意味がポップアップされるのですが、驚くことに熟語単位まで出てくるのです!いちいち画面を変える必要がないので、とても楽です。この便利さは使ってみないと分かりません!
      その他に電子辞書と同じように履歴機能もあります。さらにMACでは発音まで聞けるそうです!でも、私のMACパフォーマではだめでした、っていうかこのパフォーマもう13年前のものですからね・・・

      この価格でこれは考えられません!(独和辞典よりはるかに安いし・・・)

      以前、商社でドイツ語の翻訳社員として勤務していた時に、英語の翻訳社員の方が他の辞書は一切使用せずに、これだけを使用して翻訳していました。それだけすごいデータベースなのです!
      ということで、少しでも英語に関わる仕事についている方、もしくは英語を勉強中の方にお薦めです。

      参考になりましたら応援のクリックをよろしくお願いいたします。
      にほんブログ村 外国語ブログへ

      | kaninchen | 語学 | comments(4) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        2007/04/02 6:27 AM posted by: Auty
        英辞郎はネット版を利用していますが、CD版にも大きなメリットはあるのでしょうか。

        いつも情報をもらっているばかりなので、たまにはお返しを。ソースは山岡洋一さんの『翻訳通信』の記事です。既にご存じでしたらすみません。

        http://www.dictjuggler.net/

        使ってみてご感想(切れ味はいかがなものか)をぜひ教えてください。
        2007/04/02 7:14 AM posted by: sAtoru
        こんな便利な物があるなんて初めて知りました!
        まだ英語の予定はありませんが、そのうちこれは必要になるでしょうね。
        これのドイツ語版とか出てくれたら良いのに・・・( ̄▽ ̄)
        2007/04/03 12:37 AM posted by: Kaninchen
        Autyさま
        一度CD版を使用したらWEBには戻れません!それくらい私には重宝しています。一番良いのはポップアップ機能かな・・・
        山岡洋一さんの『翻訳通信』の記事知ってましたよ。でも、ありがとうございます。
        2007/04/03 12:40 AM posted by: Kaninchen
        sAtoru様
        英辞郎本当にお薦めです!
        本当にドイツ語版でこのようなCDが出たら、3万円くらいまでだったら速攻買います。
        ソフト会社巻き込んで作成しちゃおうかな、とも思いましたが、私の訳だけではいかんせん少なすぎるし・・・ドイツ語はまだまだ先でしょうね。
        name:
        email:
        url:
        comments: