無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    私の育った上尾出身のすごい人!(パワーあふれる外国人の話 その2)
    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      私は、埼玉県の上尾市にて人生の半分(小・中・高・短大と電機メーカーに勤務していた時)を過ごしました。それから母や弟夫婦が住んでいますし、誰からなんと言われようとも(どんなに田舎でも不便でも)、地主の権力が強くていまだに下水道が完備していない地域がたくさんあろうとも、市役所の職員が頭にくるくらい怠惰でも(まあ福岡もあまり・・・)上尾が大好きです!
      そんなわが町上尾が排出した素晴らしい人とは!デーブ・スペクターさんなのです!
      えっ、彼はアメリカ人だって?ちっ、ちっ、ちっ・・・手
      違います。彼はれっきとした上尾人です。だって、東スポに書いてあったもんねー手
      震災後、たくさんの外国人の方が日本を脱出したり、西に逃げたりしました(まあしょうがないことではありますが)。そして、多くの外国人の方が来日をキャンセルしました。私も、5月に高いお金を出してセミナーを申し込んでいましたが、口ではなんだかんだすごいことを言っているそのセミナー講師(その分野では世界的に有名な方です)も、体調不良とかで日本に来ませんでしたからね。そのような中で彼は震災直後も東京に残り、東京から情報を発信し続けました。そして、暗く沈んだ日本を元気付けるために、毎日ダジャレ(親父ギャグともいう・・・)を発信し続けました。彼のダジャレが見たい方は、Twitterで毎日たくさんのだじゃれが発信されていますので、フォローしてみてください。しかし、彼の勇気と行動力には、本当に脱帽させられます。
      そのうえ、彼は毎日新しい日本語の単語を3個ずつ覚えているそうです。これってすごいですよね。私なんて言葉を職業としている人間なのに、最近では忙しさにかまけてすっかりそういったことを怠っていました。今では私も仕事以外で1日10個の単語を、辞書を引いています(残念ながら10個辞書を引いても次の日には半分以上忘れています)。でも、この単語を後日(翌日)復習し、この作業を毎日続けていれば、きっとすごい力になると思います。人間は忘れる生物なのです。でも、忘れたらまた覚えれば良いのです。「年だからもう覚えられない」、とか言っていたらいつまでたっても進展はないのです。さすがに同じ単語を50回見れば覚えられるでしょう。そう、あなたにも覚えられる可能性はたくさんあるのです。外国人である(あれ上尾出身じゃなかったっけ?)彼が、あれだけ流暢に日本語を話しているのです。それも私たちよりはるかに難しい分野に踏み込んで話しています。才能がある、とか頭が良い、とかだけじゃありません。あそこまでなるには、彼ほどの人にでさえ、たくさんの努力が必要とされるのです。
      だから、少し努力してものにならなかったからって、あきらめないでください。誰だって努力すれば、ある程度のことは何とかなるのです。

      ちなみにある英語雑誌に、芸能人の英検ランキングというのが書かれていまして、そこには「英検2級 デーブ・スペクター」と書かれていました!それを見たときは本屋で思わず吹き出して笑ってしまい、変な人扱いをされてしまいました。


      | kaninchen | 一般 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments: